手術トレーニング臓器モデルが第44回(平成30年度)発明大賞(発明功労賞)を受賞しました。
〔日刊工業新聞 3月7日付朝刊26面に関連記事が掲載されています。〕